2008-08-24 18:36 | カテゴリ:アフィリエイト


あなたにぴったりの意識戦略とは?

おはようございます、ダン・ケネディです。

前回のメールでは、消費者の意識の中で一番上の座を獲得するために

マクドナルドがとっているマルチメディア戦略を紹介しました。

残念ながら、マクドナルドのように高額なメディアを

利用できるだけのマーケティング予算を組める企業はわずかです。

しかし、幸運なことに、この目的にぴったりの

ダイレクトマーケティング方法があるのです。

私が見てきたなかで一番効果があると思われたのは、

顧客や厳選された見込み客と10から12回コンタクトをとるプログラムです。

このようなプログラムでは、

顧客や見込み客と年間10から12回以上、直接コンタクトをとります。

顧客からの訪問や接触は回数に含めません。

手段としては、

バースデーカード、

季節ごとの挨拶カード、

絵はがき、

ニュースレター、

カタログ、

優待状、

テレマーケティング、

Eメール、

心のこもったセールスコール、

特典広告などがあります。

次回のメールでは、私のお気に入りについてお話しようと思います。

ダン・ケネディ
--------------------------------------------------------------------

■無料DVD■あなたの「言葉」で自由自在にキャッシュの山を作る方法!


ここをクリック

--------------------------------------------------------------------

著者紹介:
ダンケネディ:彼はアメリカのダイレクトレスポンス業界の指導的 存在。9冊の本の著者であり、スピーカーとして、年間20万人以 上に講演。ビジネススピーカーとして、ジグジグラーやブライアン トレーシー、マーガレットサッチャー、ブッシュ元大統領 、フォード元大統領、レーガン元大統領、ノーマンシュワルツコフ 将軍、などと共に全国で講演。


毎年行っている彼のカンファレンスは参加費が35万円以上にも関 わらず世界各国から、多くの起業家が彼の話を聞き足を運んでいる 。また、TVショッピング界のカリスマ的存在でもあり 、彼のクライアントのTVショッピング会社は年間1600億円を 売り上げアメリカでナンバー1を記録。そして、最近では 、そのクライアントは近年日本にも進出し、ニキビケアでナンバー 1を達成。そう。あの有名なプ●アクティブ。

--------------------------------------------------------------------------------
マーケティングの神様、ダン・ケネディの知識をお届けします。
無料メルマガ『ケネディ・マーケティング』の登録ページはこちら!


↓↓↓


ここをクリック


--------------------------------------------------------------------------------

ウェブサイトのマーケティング戦略
上位6つについて



ここをクリック


もし自分のウェブサイトをマーケティングするための成功できる戦略がないなら、利益の出るオンライン・ビジネスは構築できないだろう。自分のウェブサイトに何千人もの訪問者を送り、支払ってくれる顧客へとコンバートすることが必要不可欠なのだ。では、どのようにして達成すればいいのだろうか?

複数のマーケティング戦略を使う

一つのマーケティング戦略に全ての希望を託さないように。これに関しては、最新のGoogleのアップデートで、一度はトップになっていた多くの商業サイトの表示順位が低くなり、それに伴って販売額が下がっていることからもわかるだろう。

ウェブサイトをマーケティングするために複数の戦略を使うと、呼び込んだ訪問者数から最良のものがわかるだろう。

継続的にマーケティングする

ウェブサイトの計画は、1年、1か月、1週間、毎日の単位で、明確に設定し、それに従おう。これはあなたのビジネスの活力源なのだ。

マーケティングをテストする

継続的に全てのマーケティング戦略をテストし、どれが最もいい働きをしているかを見よう。利益につながらないものは、切り捨てよう。

6つの成功するマーケティング戦略:

検索エンジン最適化

これはあなたの最も重要なキーワードやキーワード・フレーズを含めるべきロケーションだ。


1.メタタグ(見えない)
タイトルタグ
記述タグ
キーワードタグ
Altタグ


2.ページ・コンテンツ(見える)-自分のページのコンテンツ中に最も良いキーワードを散りばめる。ページの最初の250語に焦点を当てて、コンテンツ1ページにつきキーワード・フレーズを1~3個のみ使う。サイト内のハイパーリンクや外部リンクと同様に、H1タグ(メインのタイトル)、H2、H3タグ(サブヘディング)にキーワードを入れる。


検索エンジンとディレクトリ


3.主要な検索エンジンに送信する―リストインするにはGoogleは現在主流のエンジンだ。ここにリストされれば、AOLにもNetscapeにもYahooにもリストされるし、無料なのだ。これは将来、競争が激しくなれば変わる可能性もある。その他の無料リストにはODPのようなディレクトリも含まれている。自分のニッチ・ディレクトリ、たとえばサングラスなら、そのディレクトリを探すために、Googleで検索してみよう。

こういう検索エンジンに送信してもいいだろう:



ここをクリック




4.ペイパークリック(PPC)検索エンジン―すぐにウェブサイトにトラフィックを集めたいなら、GoogleのAdWordsやOvertureのキャンペーンを設定しよう。



ここをクリック



E-mailマーケティング


5.ニュースレターを作る―ほとんどの人はあなたからすぐに購入することはないだろう。買う気になるまでには何回かコンタクトが必要だ。ウェブサイトのすべてのページに購読申込ボックスを設置しよう。購読者と連絡をとるために、2週間に1回はニュースレターを送る。紹介したい新しい商品とともに、(よくあるコンテンツではなく)独自のコンテンツを送ろう。


6.E-mailのコースやチュートリアル―自動応答システムを設定して、7日間かけて質の高い情報を送ろう。これは、あなたが商品やサービスをプロモーションするのと同時に、訪問者に何回もコンタクトするチャンスでもあるのだ。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hajime1953.blog64.fc2.com/tb.php/17-a1e6989c