-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-05-21 01:08 | カテゴリ:一般/日記
皆さん こんにちは

今日は 法律について 話したいと思います

残業手当について 請求できるか?Q&A

Q;会社が不況で サービス残業ばかり 仕方ないのかな?

A;就業規則で 労働時間を超えて労働すれば その分の賃金を

払ってもらうのが規則です

Q;労働時間は午前9時から午後5時まで 昼休みが1時間と

決まってますが

A;その場合は 7時間超えたら残業です 一日8時間を超えたら

割増賃金となります

Q;特に残業を命令されてはいないのですが・・

A;通常の労働時間内で 終わらない量の仕事をさせたり

残業を黙認したりすれば 残業を命じたのと同じ事です

Q;昼休みは当番の為 自席で食事を取っています

A;自由に過ごせないなら 休憩ではなく労働時間に成ります

Q;一度 どこかにお相談したいのですが・・

A;都道府県の労働局が設置している「総合労働相談コーナー」

弁護士会の法律相談 まずは労働基準監督署に 相談してください

Q;事前に用意するのがありますか?

A;実際の労働時間のわかるもの タイムカードのコピーまたは写真

それが不可能なら 何時から何時まで働いたか 

毎日の記録 それに給料明細が必要です 

残業分の賃金が払われてないことの 証拠に成ります

その他 就業規則(特に賃金規程)を用意しましょう

Q;退職した後でも請求はできますか

A;できます ただし2年の消滅時効があり

原則として請求時からさかのぼって 2年分しか請求できませんので

早めに請求して下さい

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hajime1953.blog64.fc2.com/tb.php/205-0d745c7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。