-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-30 15:06 | カテゴリ:最新ニュース

みなさん こんにちは 今日の Yahoo!ニュースから

衆参両院は30日、菅内閣の総辞職を受けて
首相指名選挙を行い、ともに
民主党の野田佳彦代表(54)が首相に指名された。

野田氏は党役員人事と組閣人事を行い、
皇居での親任式などを経て正式に野田内閣が発足する。

衆院では野田佳彦氏308票、谷垣禎一氏118票、
山口那津男氏21票、志位和夫氏9票、
福島みずほ氏6票、渡辺喜美氏5票、平沼赳夫氏4票、
小沢一郎氏1票、海江田万里氏1、鳩山邦夫氏1票、
横粂勝仁氏1票。投票総数は476、無効票1。

参院議員では、1回目の投票で過半数に達した
議員がいなかったため、野田氏と谷垣氏の決選投票となった。
公明党が谷垣氏に投票したが、
みんなの党などが白票を投じたため、野田氏が指名された。

昭和35年、日本社会党の浅沼稲次郎委員長が刺殺された。
母に理由を尋ねると「政治家は命がけなのよ」と言われた。
初めて政治を意識した瞬間だった。

初めての選挙は62年4月の千葉県議選。半年前から毎朝、
街頭に立ち昨年6月まで四半世紀続けた。
(平成8年衆院選で)105票差で敗れた。「一票は重い」
と言いながら徹しきれなかったと痛切に反省した。

一人一人を大切にする政治は私の原点だ。
民主党の同志も大切にする。
排除の論理は絶対に通さない。

朝顔が早朝に可憐(かれん)な花を咲かすには何が必要か。
答えは夜の闇と夜の冷たさだ。夜の闇と冷たさの中で明かりと
暖かさを求めている人が大勢いる。
今こそそんな政治を実現したい。

中産階級が日本の底力だった。
こぼれた人はなかなか上がって来られない。
そこに光を当てるのが民主党の
「国民の生活が第一」という理念だ。
理想を掲げながら現実に政策遂行するのが私たちの使命だ。

財政を担当し税金の使い方を改めた。議員定数削減、
公務員定数と人件費削減にも全力で戦う。
それでも足りないときは国民に負担をお願いするかもしれない。
政権与党は幻想を振りまくだけではいけない

「どじょうが金魚のまねをしてもしようがねえじゃん。
ルックスはこの通り。赤いべべを着た金魚にはなれません。
泥臭く国民のために汗をかくどじょうの政治をとことんやりたい」
民主党の野田佳彦新代表は代表選の政見表明で、
詩人・相田みつを氏の詩を引用し、
自らを「どじょう宰相」と命名した。

これだけの事を言って、出来なかったら 「どう じょう」
泥臭い 政治は、もういらんで~

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hajime1953.blog64.fc2.com/tb.php/223-2cce77c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。